スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタセコの話

ルアでプログラムを書き始める前にちょっと面倒な話。
ひとまずメタセコイアのファイルの読み込みでもやってみますがファイルのフォーマットは、こんなかんじですね。今回は面倒なのでかなり大味で作ります。そして、最終的には画面に表示まで行います。画面に3Dのモデルを表示させるには大きく分けてOpenGLとDirectXとがありますが今回というかずっとですが、DirectXを使用します。そっちしか触ったこと無いものでして…。
で、どっちを使おうとしてもしても条件はあります。mqoファイルはスムージングの機能を持ちます。ですが、ポリゴンである時点でその機能は使えません。3Dのモデリングソフトの中では大きく分けてNURBS系とポリゴン系のものがあってNURBSはShade等でポリゴン系はlightwave等。DirectXではポリゴンしか表示できないというか基本的にはポリゴンの方が高速なのでそっちが基本です。ですのでスムージングも不可能。もう一つメタセコでは三角形と四角形どっちも使用できますけれどポリゴンで出す時は四角形は使用しません。理由は4頂点それぞれをABCDとした場合に4点は同じ平面状にあるという保証はどこにも無いということ。ですので四角形を三角形2つと考えた場合にABC&DCBなのかBDA&CADなのか分からない。なので分かりやすく全部の頂点を三角形に変換しておきましょう。

そして、環境などの細かい設定の読み込みは完全に適当にやります。

それで。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masanotooru

Author:masanotooru
雪国で働くプログラマでしたが、会社を辞めて関西にいます。
プログラムの話もしますが漫画が好きなので漫画の話をします。
バイクを買ったので、そっちの話も増えました。
最近はUnityばかりなのでそっちメイン。

Google Adsense
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。