スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Unityシェーダ講座④

主に自分が勉強と復習するために始めたUnityのシェーダ講座。入門編。

さて、前回UVのオフセットやりましたけれどコレは実際のところシェーダを駆使しなくても出来ます。
マテリアルのテクスチャの項目のところに

・Tiling
・Offset

の二つの項目があります。この中の、Offsetの数値を書き換えることで難なく実装できます。
なので、そっちを使った方が固定オフセットしかしない場合には現実的です。シェーダでのオフセットの利点はもうちょっとだけトリッキーなことが出来るところです。例えば、

四角形のポリゴンがあったとして
(0,0) (1,0)
(1,0) (1,1)
とUVを設定したとします。このUVにそれぞれスケール0.5をかけることによって
(0,0) (0.5,0)
(0.5,0) (0.5,0.5)
とすることが出来ます。これとオフセットの応用によってある程度のUVの指定は出来るようになります。

使いどころはかなり限られてはきますけれども。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masanotooru

Author:masanotooru
雪国で働くプログラマでしたが、会社を辞めて関西にいます。
プログラムの話もしますが漫画が好きなので漫画の話をします。
バイクを買ったので、そっちの話も増えました。
最近はUnityばかりなのでそっちメイン。

Google Adsense
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。