スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UNITY_EDITORの罠

ずっと、原因不明の止まりに悩まされてました…。

私はよく

#if UNITY_EDITOR
hoge();
#endif

のような風にエディタ環境では特殊な動作をするようなコードを使用していました。
基本的にこれはエディタの実行ボタンで実行中に立っているフラグなので主にデバッグコマンドのような形で使用していました。ですのでクラスの中で

#if UNITY_EDITOR
public string hogehoge;
#endif

void hoge() {
#if UNITY_EDITOR
if (hogehohe != "") {

}
#endif
}

という記述をしていました。ですが…、どうやらそれが原因での止まりが発生。半日以上原因を探っていました。いや、しかしなんとなく原因も分からないこともない。多分シーンファイルの中にはデータが入っててそれを上書きしようとして関係ないものを書き換えてくれてるんだろうね。バグとしか言えないけれども。クラス内のpublicの変数を使用してデバッグコマンドを仕込むのは無理だな。使うならUNITY_EDITORが定義されていない場合に害のないように書き換えるようにしないと使えないな。もちろんその分メモリは消費したままだ。

使えねーぜ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masanotooru

Author:masanotooru
雪国で働くプログラマでしたが、会社を辞めて関西にいます。
プログラムの話もしますが漫画が好きなので漫画の話をします。
バイクを買ったので、そっちの話も増えました。
最近はUnityばかりなのでそっちメイン。

Google Adsense
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。