スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Unityトゥーンシェーダ入門の続き

さて、標準で入っているもので満足が出来た人にはこれから触れる内容には意味はありません。

ひとまず、シェーダを1から作るよりは簡単なシェーダエディタを使用します。そのために前回StrumpyShaderEditorをインポートしたのです。

じゃあ、順を追って説明します。(Win版前提の説明です)
UnityのメニューにShader Editorというのが追加されていると思います。そこからStrumpy Shader Editorをクリックします。そうすると別のウィンドウが作成されるはずです。NodeEditorWinってやつです。たぶん普通に開いたら何かしらのサンプルのシェーダが開いてると思いますので見たければ見てください。ひとまず今はFile->New Graph...を選んで新規で作成してください。

じゃあ、まずはテクスチャそのまま出力されるDiffuseと大体同じものを作成します。
GraphsからPixelを選択してください。で、ノードを追加していくのですがその前に…。Settingでシェーダの名前を入力します。ひとまず

MyShader/Toon

と入れておいてください。そして、Shader ModelはThreeを選択しておいてください。次に色とテクスチャの設定をしないといけません。
Inputsの項目のタブを選択して

Add New Input...

を押してください。まず
・Color Property … 名前は_MainColor
・Texture2D Property … 名前は_Base
・Texture2D Property … 名前は_ToonRamp
とします。さてと、ようやくPixel Graphにうつります。

右クリックのPropertiesからSampler2Dを選択してください。そのままだと赤いと思います。コレは先ほどInputsで設定した項目の中で何を使うのかを選択してないからです。赤い枠を選択してから同じく赤くなっているNodeタブからInput Propatyを_Baseに設定してください。左に戻ります。右クリックのメニューからFunctionの中のTex2Dを選択してください。で先ほどのSamplerと今作成した枠をつなぎます。そしてTex2Dの左側にあるRGBAという項目をそのままMasterのDiffuseにつないだらひとまずテクスチャをそのまま出力するものが完成!FileのExportもしくがExport Asで実際に使用するシェーダファイルを出力してください。一応Saveで今までのものを保存しておきましょう。これでHipsのマテリアルのシェーダを差し替えれば一番簡単なものが出来上がりです。

さて、まだトゥーンにはなっていませんね。実はStrumpy Shader Editorでは手で書くことの全てが出来るわけじゃないのでまったく同じシェーダはかけませんが大体同じような結果になるようなシェーダは書けます。

続きです。

Pixel Graph側でもまだカラーの設定はしていませんでしたね。なのでその設定をしましょう。
先ほどTex2Dで直接Diffuseに与えていたものに1手間加えます。PropatiesでColorを選択し、先ほど_Baseを設定したように_MainColorを設定します。で、Tex2DのRGBAとColorのRGBAを合成します。もちろん出力同士でつながりませんので右クリックのOperationからMultiplyを選択してArg1と2にそれぞれ繋ぎましょう。その出力をDiffuseに繋ぎます。

ピクセルシェーダ側はコレでひとまず完成。次にライティングの部分に移ります。GraphsからLightingを選択してください。途中から文字で起こすのが面倒になったんでこんな感じです。
lighting

0.5ってのはConstantからFloat Constを選んで0.5を設定してください。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

説明がすごくわかりづらかったです。しかも途中で終わってるし。
このチュートリアルを試した時間がとてももったいないです。
中途半端な情報なら発信しないでもらいたいです。

Re: No title

> 説明がすごくわかりづらかったです。しかも途中で終わってるし。
> このチュートリアルを試した時間がとてももったいないです。
> 中途半端な情報なら発信しないでもらいたいです。

いや、途中で終わっていません。これで完成です。それにこの記事は
別にチュートリアル記事ではありません。応用の記事なので分かる人のみに
向けたものです。分からなかったのであれば、残念ですがあなたが
そのレベルに達していないというだけです。

プロフィール

masanotooru

Author:masanotooru
雪国で働くプログラマでしたが、会社を辞めて関西にいます。
プログラムの話もしますが漫画が好きなので漫画の話をします。
バイクを買ったので、そっちの話も増えました。
最近はUnityばかりなのでそっちメイン。

Google Adsense
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。