スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレハブの話

プレハブの生成のサンプルコードを探していると常にシューティングゲームの弾を例に出されて困る。俺たちはプレハブをそんなことのために使いたいんじゃないんだ!!

シューティングゲームを例に出されたコードを実際に組んでみれば分かりますが、プレハブのヒエラルキービュー上での生成場所はルートの位置、つまり誰にもとらわれない場所にしかありません。確かにシューティングの弾の一度自分の管理下を離れてしまえばもうどうって事はないものならそれでもいいですが、自分のいる場所の相対的な座標に必ずいる設定のオプションを作成する場合にはそのコードでは上手くいきません。無茶しなければね。

だって、ヒエラルキーの頂点にいらっしゃるんだもん。俺らMの者は誰かの支配下に置かれないと駄目なんです。

続く。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masanotooru

Author:masanotooru
雪国で働くプログラマでしたが、会社を辞めて関西にいます。
プログラムの話もしますが漫画が好きなので漫画の話をします。
バイクを買ったので、そっちの話も増えました。
最近はUnityばかりなのでそっちメイン。

Google Adsense
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。