スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Unityのカメラ

通常の描画システムではカメラを取り扱うのに3ツノベクトルが必要だと思います。
①視点
②注視点
③上

人間で言うと、①は目の場所。②はどこを見ているのか。③は首の傾きといったところしょうか。

で!

Unityでは①はあるのですが②と③はありません。ただ、視点が「どこ」ではなく「どっち」を向いているかというパラメータはあります。3Dのパラメータを構成するだけであれば注視点に関しては、視点と注視点を結ぶベクトルさえ求められればそれでいいのです。特に困りません。いや、普通は困りません。ただ、フォーカスのような議事処理を行うのであれば、出来ません。たとえば3DSのような3Dの処理の調整がある場合には出来ません。あれ、一応視点に2つの目があると仮定して注視点を見るので同じところを見てたとしても遠くを見ている感じとより目があるので注視点が大きいファクターの一つです。でもま、使うのそんぐらいなので問題は解くにはありません。ちょっと使いづらいだけです。注視点をアニメーションというかフックさせるような処理が一工夫しないといけないだけ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masanotooru

Author:masanotooru
雪国で働くプログラマでしたが、会社を辞めて関西にいます。
プログラムの話もしますが漫画が好きなので漫画の話をします。
バイクを買ったので、そっちの話も増えました。
最近はUnityばかりなのでそっちメイン。

Google Adsense
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。