スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の本棚。ぼくのマリー

これが私の漫画を買い始めるきっかけ。
この漫画でというわけじゃないけれど機械をいじるのが楽しそうだなってことでそっち系で進学して機械と制御で結局制御系にすすんだものだから今の自分があります。まだまだ人型ロボットが実用化される気配もないのでこれでよかったんじゃないのかなって思います。
さて、ストーリーはモテ無い根暗な主人公が憧れのヒロイン真理と瓜二つのアンドロイドを作るところから始まります。ロボットは家から出さずにいるつもりだった主人公でしたが自分にモデルが居ることを知らないマリは忘れ物をした主人公にそれを届けるために学校へ。そこで自分のモデルの真理とばったりと出くわして・・・。
こんな感じで始まります。自分がロボットであることを隠さないといけないマリですがロボットであることでパワーや自分に仕込まれたプログラムによってトラブルを巻き起こしていきます。個人的には序盤と途中の外伝で出てくる剣王ひびきというキャラが好きです。昔ながらのスケバンでありながら根は優しいんじゃないかってトコロが。

さすがに今では本屋で見かけることはないと思いますので漫画喫茶で読むかアマゾンやブックオフなどで購入するしか手に入れるすべは無いと思いますが、今読んでも面白いです。

オススメ度★★★★☆ (満点5)
画力   ★★★★
ストーリー★★★
思い出  ★★★★★



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masanotooru

Author:masanotooru
雪国で働くプログラマでしたが、会社を辞めて関西にいます。
プログラムの話もしますが漫画が好きなので漫画の話をします。
バイクを買ったので、そっちの話も増えました。
最近はUnityばかりなのでそっちメイン。

Google Adsense
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。