スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の本棚。弱虫ペダル。

現在も連載中のこの作品。少年チャンプオンという週刊少年誌の中では一番のマイナー雑誌で連載されています。チャンピオンをあんまり知らない人にとってはドカベン、バキ、浦安の三作品でもっているのかという印象もお持ちの方もいるのかも知れません。もちろん、その三作品の力は大きいと思います。しかし、それらはあまりに長期連載が過ぎる。若いパワーというのが感じられない。今チャンピオンではそれ以外にも侵略!イカ娘やみつどもえなどのアニメ化された作品もあります。しかし、一番勢いがある作品はなんといってもこの弱虫ペダルだ。
簡単なストーリー導入部分はオタク男子が秋葉原に行くために毎週自転車で往復していたら自転車の才能を開花させようとしていた。しかし本人にその自覚はなく高校に入ったらマン研の部員を集めようとしていていつの間にか自転車の魅力を知っていく。そして自転車の才能を表舞台で開花させていくってそんな王道展開の話です。序盤はママチャリで走っていた主人公がロードに乗りはじめてからの展開がアツ過ぎる。7巻前後のレースなんて本当に描線書きすぎじゃないかってぐらいの迫力でそれでいて主人公は楽しそうに乗っている。少年漫画はやっぱりこうじゃないとね。

オススメ度★★★★★(満点5)
画力   ★★★★
ストーリー★★★★★
ヒロイン ☆    (いません)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masanotooru

Author:masanotooru
雪国で働くプログラマでしたが、会社を辞めて関西にいます。
プログラムの話もしますが漫画が好きなので漫画の話をします。
バイクを買ったので、そっちの話も増えました。
最近はUnityばかりなのでそっちメイン。

Google Adsense
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。