スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルアの話その1。

たまにはプログラムのお話。
スクリプト言語です。まぁゲームで恋愛シミュレーションとかのアドベンチャーゲームのようなものを作ろうとすると全部をプログラムの中に埋め込んでいくとぐちゃぐちゃになるしぱっと見分かりづらいしで管理が出来なくなります。さらに物語の進行をプログラマが全部記述しないといけなくなります。
それをもっと分かりやすく書くために、たとえば

50P:
MESSAGE 覚悟は出来てる?
YESNO 51P,52P

のようにテキストを書くと
「覚悟は出来てる?」というメッセージを出した後ではいかいいえの選択肢を出し「はい」なら51ページへ「いいえ」なら52ページに飛ぶというような記述になりますね。

これをプログラムで書くと
Message("覚悟は出来てる?");
if (GetYesNo() == 0) {
Pattern51();
} else {
Pattern52();
}
のようになります。
こーやってみるとほとんど一緒だな。

続く。
スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

範馬勇次郎

さて、今年もあと少しというところでなぜかモンハン3rd。

これまでもモンハンでは色々なメディアとコラボしてきました。他社のゲームはもちろんゲーム雑誌や週刊誌などと。今作でもいろいろとコラボが発表されていますが、その中でチャンピオンで連載中のバキとのコラボクエストがあります。たしか明日配信予定のクエストです。内容はたしか、

「HR4以上でジンオウガと防具護符など無しで戦う」

というもの。出来上がる武器はハンマーだということが先に発表されていてそれからクエストの内容が発表になりました。ハンマーが発表された時点で”範馬(はんま)”勇次郎だからハンマーだってことには気づいていましたが、さっきジンオウガと戦っていて気付きました。

範馬勇次郎の別名はオーガ

だと。オーガ→ジンオウガなんだと。
どっちも駄洒落じゃねーかと。クエスト内容はシャレにならないのに。


私の本棚。剣客商売

会社の先輩に剣客商売という漫画を読んでいるんですって話をしたら「ヤンマガでやってるやつ?」って返しをされました。うん、それは喧嘩商売ですね。元ネタはこの剣客商売です。
さて、原作は池波正太郎さんの小説で、ゴルゴ13でおなじみのさいとうたかをさん版のコミックも存在しますがこちらはちょっと年齢上の人にならないと通じませんが「バツ&テリー」の作者と言えばお分かりになりますでしょうか?バッテリーじゃありませんよ「バツ&テリー」です。あさのあつこ(トレンディドラマに良く出ていたほうではなく)ではなく大島やすいちです。ゲーマーに少しだけ分かりやすくいうとファミ通で漫画を描いている大島永遠の親父さんです。原作の方はドラマにも何回かなっていて最近で言えば今年亡くなった藤田まことさんが主人公秋山小兵衛を演じていました。

漫画版のほうはさすがにベテランの方が描かれているので安定感がバツグンです。元々の原作がよいというのももちろんあるのでしょうが漫画的というか劇画的といえばいいのか分かりませんが擬音で「シーン」みたいな文字を書くことあると思いますけれど、それで剣を振るときに「鋭」と漢字で書いたりするのはあんまり見かけないので面白いなあって思います。まぁ最近の萌一辺倒の漫画に飽き始めてきたって言うのが一番の原因かもしれませんけれどね。勧善懲悪、水戸黄門のようなものが読みたいのであればこの漫画はかなりのオススメです。

オススメ度★★★★☆ (満点5)
画力   ★★★★
ストーリー★★★★★
時代モノ ★★★★★






プロフィール

masanotooru

Author:masanotooru
雪国で働くプログラマでしたが、会社を辞めて関西にいます。
プログラムの話もしますが漫画が好きなので漫画の話をします。
バイクを買ったので、そっちの話も増えました。
最近はUnityばかりなのでそっちメイン。

Google Adsense
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。