スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラーツー用に魔法瓶

ラーツー。要するに旅先でカップラーメンを食べるツーリングですね。お湯を沸かしても良いのですが、面倒な場合に魔法瓶を持っていくという手段もあります。なのでちょっとそのためだけに魔法瓶を買おうかどうか現在悩み中です。

さて、ここで注意しないといけないのはお湯の量。ちょっと家でカップヌードル買って調べようかとも思いましたが、日清のページに商品ごとに必要なお湯の量が載っていますね。

カップヌードルビッグが410ml
キングが520ml

となっているので、大体は500mlで事足りるのではないかと思いますが、余裕をもって1リットルってところでしょうか。ちなみに家で電子ケトルでカップ麺系統を食べるのですが焼きそば弁当の超盛りに関しては1リットル容量のケトルでは足りませんでした。目盛りちょっとオーバー気味で使用しています。
スポンサーサイト

夏の風物詩

自分は九州ではなく、中国地方の出身なのですけれども夏場に食べるアイス?といえばこれ。
ロイヤルのカキ氷
ロイヤルのいちごカキ氷(袋)。

ガリガリくんよりもよっぽど、こっちのほうが馴染みがあった。北海道にいた期間が長すぎてブランクがあったけれど関西でも売っているところでは売っているので最近は結構な頻度で食べるようになった。

ティム○○ちょおだいよぉ

タイトルに関しては疲れていると大体いつもこんな感じです。



オーストラリアでは超メジャーらしいのですが、日本ではドンキホーテでしか見かけたことの無いティムタムです。一時期ずっと食べていました。どう考えてもこれを食べると二、三枚でもう大変なカロリーになっちゃうんですけれどそれでも癖になるおいしさでした。アマゾンのレビューにはキットカットと同じ味というレビューもありますが、それは舌がどうかしてるとしか思えません。

アーノッツ ティムタム オリジナル

今日知らない名前のお菓子の話があって、その時にティムタムの名前が思い出せず仕方ないので検索で探そうとしてもどんなキーワードで探せばいいのか分からなかったのですがドンキホーテとお菓子で検索してようやくTimTamの文字を見かけて、これだ!と。近くのドンキはあんまりお菓子を置いてないからどうなんでしょ。探しにいってみないとね。

一度は食べてみることをオススメしますよ。クセはもちろんあるんですけれども、多分海外のお菓子を想像しているとぜんぜん違うと思います。

PS.このスペルを見ると中学のときの英語の先生がタンタンの冒険のペンケースを持ってて、それが英語表記になってたんですけれど。

TINTIN

ってなっててそれ…。すごく中二心をくすぐられたのを思い出します。

言ってみたかった、一度

昨日は新年会でした。社長が今回はいいものを食べるということで熊本牛の焼肉へ。基本みんなはコース料理を堪能していたのですが社長たちのいる通称年寄り席では各自注文して基本赤身中心の油の少ないものを食べます。自分はそこにいて、赤身を注文。一生に一度は言ってみたかった台詞。

「シャトー・ブリアン」

赤身で注文できるものが少なかったこともあり、シャトーブリアンのコンボ。

「シャトーブリアン」
「シャトーブリアン」
「ぱよえ~ん」
「ぱよえ~ん」
「ぱよえ~ん」

肉汁が語りかけます。旨い。旨過ぎる。

さっすが、フィレの中でも最高の部位。さすがに、こんな部位がこげるといけないということで社長自らトングを持っていました。ありがとう社長。ご飯と一緒に食べたらこれは格別でしたね。ほかの部位もおいしかったですけれども、やっぱりシャトー・ブリアン。

すごいアイディアを思いついた。

3月のライオン5巻を読んでて思いついたんだけれどたい焼きと同じ構造で肉球の形をしたものがあれば売れるんじゃないのか?見た目はグロい可能性ももちろんあるんだけれど。名前はネコ焼き。

プロフィール

masanotooru

Author:masanotooru
雪国で働くプログラマでしたが、会社を辞めて関西にいます。
プログラムの話もしますが漫画が好きなので漫画の話をします。
バイクを買ったので、そっちの話も増えました。
最近はUnityばかりなのでそっちメイン。

Google Adsense
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。